FC2ブログ
RSS

公魚釣  ドーム船にて


● 釣行日  2020年10月21日(水) 
       AM7:00~PM13:00

● 釣り場   ドーム船
● 同行者 OさんとNさん、3人で

● 竿 シマノDDM 電動リール2台使い

● 仕掛け  市販仕掛け  針2.0号 ハリス長さ2.5cm 間隔10cm 

      (前回は1.5号と小さめの針を使ったが、今年は公魚が大きいとのことで2号にした。

今シーズ三回目の釣行です(10月15日に行きましたが強風で釣りにならず)

ドーム船なんですが、三密回避という事で、検温、座席は一つ置き!通気は万全でした。

さて一回目のように釣れることを期待してスタートしましたが、前回の様なビッグサイズは数えるほどしか釣れず、今年の公魚が殆どでした。
今日は当たりが途切れることなく釣れました。12時過ぎに風が強くなり、活性が上がってきました。

結構楽しめたし、三人とも腰が痛いので1時30分に早上がりとなりました・。

 本日の釣果
   Oさん  210匹
   Nさん  200匹
   私    450匹
             快晴の心地よい陽気!!午前中は静かでした。              

      圧縮20201021_080538
        
パノラマで撮影しました。
      圧縮20201021_080456


この電動リールは、いつも公魚釣を楽しくさせてくれます。
      圧縮20201021_064131



こんなサイズですが、当たりが途切れずに楽しめました。
       圧縮20201021_101305





柳久保の池にて

● 釣行日  2020年10月14日(水)A7:00~A13:00
● 釣り場  柳久保の池
● ポイント  桟橋
● 竿      ① 10尺 両ダンゴ 天々
         ② 13尺 両ダンゴ 天々
         ③  9尺 両ダンゴ 天々
                
● 仕掛け     ① ハリス長 55cm、70cm   40cm 50cm   
         ②  浮き・・・PCムクトップ
● 餌     
      ① ダンゴの夏1、ガッテン4、浅ダナ1本2、水2
      ② 凄麩、天々、ガッテン、フラッシュBB,浅ダナ1本 比率は色々と
      
         
● 水温 18℃


 先月の松原湖では散々な結果となり、次はどこ?と決めあぐんでいた処Nさんと3年ぶりの柳久保の池と決め込んだ。
Oさんは別件でNG.。

 そう慌てていくこともないので、現地6時30分着で準備開始。

「や」さんのブログで近況を知り得ていたので、早速新桟橋に入ることにNさんは底を狙うので道路側から16尺を出すことに。

さて準備が整い①の餌を打ち込み・・・何と一投目で良い当たりが・・ヒット一枚目、驚くことに二投目でもヒット\(^o^)/

何かの間違いでは?!間違いでした(@_@)次からは悩ましい浮きの動きです。決め当たりになりません。

餌の持ちも悪いので、何度か攪拌しナジミ幅を作ることにした。

色々と餌のタッチやブレンドを変えたがダメなので(スレ当たりが多い)ハリスを一気に15cm詰めた。

これは正解の様な?!長続きをしないので、タナが深いと判断し13尺に変更した。
これはこれで正解の様な気がするものの、何枚か釣ると難しくなる?

ならば9尺の天々(途中で1mくらいのタナ)をしたところ、サイズアップも出来た。

結論は、最初に数十枚の期待をしたが、そうは問屋が卸さない。

Nさんも当たりは有るが乗らないと首をかしげていたが、途中で見に行き、ハリス段差を大きくするのと餌のタッチを軟らかくすることで決め当たりが出始めた。

ここのヘラは栄養価(プランクトン)が豊富なためかサイズの割に丸々としており、引きも強いので、楽しめた。

そうは言っても歓迎してくれた。

当池は国道から山間を縫って上がるため、標高が高いと思ったら意外や630mと我が家より低い。

沢山の木々に囲まれており風の影響も少なく、釣りやすいフィールドです。

信州の湖が凍った頃には釣り人が多くなるとのこと(凍らないようにエアーレーション)

今回の釣果です。
  Nさん     20匹
  私       31匹             サイズは29cm~34cm


  
次回はどこにするか?まだチャレンジしたいヘラフナ釣りだが公魚も待っているので?



        風も少なく静かな湖面・・本当は風が欲しい
圧縮IMG_1918
 


        13尺の時の使用浮き
圧縮IMG_1917

       Nさんの様子、木陰でスカートが必要
圧縮IMG_1919


       私の釣り座 ここは16尺までの制限有!私の釣り座で底釣り可能
圧縮IMG_1924


       34cmくらいのへら・・魚体も綺麗で太っている。
圧縮IMG_1926

今期初釣り(公魚)

● 釣行日  2020年10月07日(水) 
       AM7:00~PM13:00

● 釣り場   エンジン付き和船  

● 同行者 OさんとYさん、3人で

● 竿 シマノDDM 電動リール2台使い

● 仕掛け  市販仕掛け  針2.0号 ハリス長さ2.5cm 間隔10cm 
      (前回は1.5号と小さめの針を使ったが、今年は公魚が大きいとのことで2号にした。


やっと公魚のシーズンイン開始です。

本来ならドーム船なんですが、三密回避という事で、船外機で釣ることにしました。

Nさんは農業で行けなくなり三人での釣行となりました(9日を予定していましたが台風接近のため天気が怪しいので前田素子です)

さてポイントは思い切り上諏訪川で約2.5kmの位置です(15分以上かかりました)

1人は13尺の竿2本でOさんと私は電動リール2個使いでスタート
水深は3mちょっと!!

水温は温度計を持って行かなかったが手を入れると暖かい!
さて釣り開始ですが、すぐに当たりを貰え釣り始めたが、昨年の公魚が大きく成長して強い引きを楽しめる。
今年度誕生したのとの比率は半々です。

沖にでたせいもあり風が結構当たり舟がローリングし腰に負担が来る(この点ドーム船は楽)

水温が高いため、モロッコ、ブラックバスなどの外道が結構かかって来る。

当たりはそこそこ続いていてピタリと止まることなく楽しめたが、いかんせん風が強くなり危険なので13時に納竿した。

サイズが大きかったので総重量は結構あった。

 釣果・・・大きいサイズは9gr~10gr 大小の比率は半々  平均すると5.17gr/匹です。

     Oさん   174匹  900gr
     Yさん   323匹 1670gr
     私     377匹 1950gr



         

出発前の湾内です。

圧縮IMG_1899
             
昨年のもので大公となって釣り人を楽しませてくれる       
     
圧縮IMG_1907

 これが標準サイズ、ユスリカが発生すればぐんぐん成長します。
圧縮IMG_1908

期待ほど良くなかった松原湖!!!


● 釣行日  2020年9月29日(火)A6:00~A13:00
● 釣り場  松原湖
● ポイント  ピンクロープ
● 竿     ① 19尺     底 グルテンセット
       
                  
       
● 仕掛け ① ハリス長 50cm 下58cm  
        浮き・・・PCパイプトップ 
● 餌     
      ① ダンゴの冬、ペレ底、マッハ(マッハで締める)
      ② グルテン 凄麩グル、グルテンLL又は四季
      
         
● 水温 17℃

前回はピンクロープで1匹、稲荷ロープで6匹の貧果で終わったので、当然リベンジと意気込んで、天気予報とにらめっこしながら
本日に決めた。

同行者はNさんと(Oさんは都合でNG)

家を出た時の気温は12℃、現地着ももう少し低い感じで、いつものように湖面を見回すも、モジリの歓迎はほんのわずか。

それでも決め込んだピンクロープへ一直線。仕掛けなどは前回のままで良いので、スタートは6時40分頃。

打ち込み開始後、前回とは異なりそれなりに浮きに反応はあるが、喰い当たりはもらえない。

朝の内は風もなければ、当然水の流れも無い!!ただ浮きは見やすいことだけが救いでした。

釣れたのは何と9時28分でした。

ワカサギの当たりは幸いなく、ただただヘラの弱い触りが出たと思えば、浮きが静かになってしまう!!

ピンクロープは大きな木陰で太陽は届かない(夏場の涼しいポイントとして好まれる)

途中で暖かい方に移動して宙釣りにでもしようかとNさんと話をしたら、同時に竿が曲がった。

ならばという事で続けることに!当たりの弱弱しさとへらが底を向いてくれない感じなので、軽い浮きに変更した。
同時に餌もいつもの餌に変えて打ち続けた。

これで何とかツヌケで13時に納竿とした。

本日の釣果        Nさん  6匹
             私   10匹

      藤棚桟橋です。
圧縮IMG_1890
     底のヘラは意外とサイズが良い(本日のヘラは27cm一枚以外は30~33cm)
圧縮IMG_1888

数は少ないが松原湖としては良型にご満悦
圧縮IMG_1886

           本日の使用浮き(同型2種類)
圧縮IMG_1883

   

圧縮IMG_1885  



二度目の豆アジとデート

● 釣行日  2020年8月29日(土)

● 釣り場  日本海(N港)

● ポイント 湾内
       
● サビキ(3号)ピンク色系・・オキアミ(キャップ付き籠)


 残暑が厳しいおり海風が恋しくなり、Oさんと行ってきました。

前回同様、サビキ仕掛けと、オキアミ、氷を調達して、現地着。土曜日とあってファミリーがずらーッと並んで竿を出しています。

ポイントは車から5~6歩の好都合で楽な感じ。

 釣り開始時刻はPM4:30ころ、釣っている人に様子を聞くと、サヨリやシマダイの子ばっかりとのこと。

 ならばと開始したら、集まるのはサヨリにシマダイばっかり。
それでも時々豆アジが混ざるが、前回のようには釣れない。

 おまけに夕まず目が来て、イレパクと思いきや全く駄目になった。
オキアミがバラケている様子を見ると潮が全く流れていない。

 早めに切り上げることにした。Oさんは夜はイレパクになると、前の記憶が頭から離れずに未練があったようですが、断念して貰い
ました。


     Oさん 準備前の休憩です。マスクは風邪をと思いますが、コロナ対策ですが、流石ここでは不要でした。
    圧縮IMG_1841


        死角のポイントにも家族連れが一杯です。
圧縮IMG_1842


圧縮IMG_1858


       前回の四分の一の釣果です。
圧縮IMG_1859



≪前のページ≪   1ページ/85ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

へらへらまん

Author:へらへらまん
へら鮒釣をこよなく愛し、紙飛行機の設計から飛ばすことを趣味とした、ブログ投稿をしています。
好きなことに没頭できるうえに健康維持に役立てようと頑張っています。

つたない投稿を見て頂く皆様に感謝です!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

訪問者数

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR