FC2ブログ
RSS

連休は家で休んでいた方が良い(聖湖はへらより釣り人が元気)

● 釣行日 2021年5月4日(火)

● 釣り場  聖湖

● ポイント 街道桟橋(№22) O氏(№23)・・前回と同じ
       
● 竿と釣方
     8尺 底  両ダンゴ  途中で11尺        
              
● 仕掛け 省略 但しハリスは22cm、30cm 針は上下5号
                   
 
● 餌   芯華 標準の作り方で手水で調整 
      グルテン・・・新べらグルテン底、グルテン四季1:1

● 天候、 晴れ  水温 13℃ 水温はそのたびに上昇傾向


 さて本日は久しぶりにNさんと

連休中なのでどうかなと思いながらNさんの農業の合間を考慮し、直行した。

ついてビックリ連休の祭日と来て、釣り人が50名くらい。加えて陸ジャミ(失礼)にスワンボートが7艘が湖中を横行闊歩!

沖目ではモジリはある。

前回のポイントで同じタックルと同じ餌でスタート!!
3投目でヒット。これは行けると思ったが、ちょっと様子が変です。

エサの倒れこみでの反応も無くなりピタリと止まってしまった。
沖目かと思って11尺(タナは殆ど変わらない)にしたり、グルテンセットにしたりやることをやったが浮きが動かない。


ハタキは一服状態、釣り人は多すぎ、風はないので、すべてが喰わない条件が整ってしまった。

という事で二人で顔を合わせてギブアップしました。
11時納竿
 本日の釣果は        Nさん     12匹
               私       21匹
 惨敗したので、どこかでリベンジをと考えながらの帰路でした。



       無風の聖湖も珍しい!!釣り人が全体で50人!!
圧縮20210504_061317


      浮きはすこぶる見やすいが、こんな時は当たりを貰えない

圧縮20210504_061331


       サイズは今日一だが、何とも痩せたへら?!乗っ込み後はこんなのしか釣れない?


圧縮20210504_070119


      これならまあまあだが、本日は腹パンは0匹
圧縮20210504_081253


      事務所の横での撮影なので一部しか見えないがスワンボートだけが元気が良い

圧縮20210504_110454

再び歓迎をしてもらった聖湖です。

● 釣行日 2021年4月22日木)

● 釣り場  聖湖

● ポイント 街道桟橋(№22) O氏(№23)
       
● 竿と釣方
     8尺 底  両ダンゴ          
              
● 仕掛け 省略 但しハリスは22cm、30cm 針は上下5号
                   
 
● 餌   芯華 標準の作り方で手水で調整(お気に入りのためこれに特化)
     

● 天候、 晴れ(雪化粧)  水温 11℃(後に12℃くらい)


 さて本日は久しぶりにOさんと(Nさんは都合悪し)

いつもの時刻に聖湖に到着(県外の釣り人1名が街道桟橋ですでに始めている)

先日より暖かくなっておりヘラも少ないながらハタキ開始している。

ならば8尺で丁度良いポイントに構えることにした。

準備開始!!浅場のせいか、先日みたいに数投では浮きが動かないが10回以上の餌打ちで触りが出て来た。

お約束の一枚ゲット!!

これで好調に進むと思いきや、前回の場所より藻が多く、ナジミ幅も変わるし、針に沢山ひかかってくる(藻とは言えアオミドロ?)
釣れたへらが思い切り藻を頭にかぶせた状態で釣れてくる。

何枚か釣れると底の状態も気のせいかフラットになる(自動掃除機の効果?!)

8尺は流石回転が早いです(前回は10尺です。浮きは一ランク小さいが浅いタナ故の効率は良いです)

Oさんは久しぶりの底釣りに手間取っていましたが、バランスや底立てと餌のタッチを伝えてやや遅れて開始したが、途中からハイペースになりご機嫌でした。

予報通り風が強くなり当たりは貰えるが今日は12時納竿とした(5時間の釣り)

 と短時間でしたが、釣果の方は
     Oさん    39匹
     私      85匹



  ※ そろそろ精進湖も視野に入れたいのですが、緊急宣言が出るらしいのでどうしたもんかと気を病んでいます。




      3日前に比べたら花の開花も進んだ。桟橋の岸寄りでは小規模のヘラのハタキが!!
圧縮20210422_121715

      釣れてくるヘラは31cm~35cmで3割強は腹パンです。
圧縮20210422_064027 圧縮20210422_083638 圧縮20210422_092308


      この細い藻が喰い当たりをぼかしてくれる邪魔者!!ですが、集魚性の良い芯華はへらの活性を高めて
      くれるので、釣りこんでいくうちに気にならなくなるのは不思議です。

圧縮20210422_064232




着いてビックリ雪化粧の聖湖で!!


● 釣行日 2021年4月19日(月)

● 釣り場  聖湖

● ポイント 街道桟橋(№47) N氏(№48)
       
● 竿と釣方
     10尺 底  両ダンゴ又は両グルテン          
              
● 仕掛け 省略 但しハリスは22cm、30cm 針は上下5号
          (藻が多いとの想定で段差を多めにとった)
           
 
● 餌   ① 芯華 標準の作り方で手水で調整(新餌ですので初挑戦)
      ② グルテン四季 新べらグルテン 1:1


● 天候、 晴れ(雪化粧)  水温 11℃(後に12℃くらい)


 Nさんと前回より好転しているはずと天気予報をにらみながら決行した。
ビックリは聖湖に近くなってから、何と雪があるじゃない!!桟橋の上も雪が有り、ザックザックと音をたてながらポイントまで

ここで互いに、天候の予想の悪さを相手のせいにしながら((笑))!!!寒かったので前回より深い方へ釣り座を構える。

でもモジリが一本杉桟橋目にはある。これなら行けるかなと半信半疑で準備OK!!

スタートは6時55分頃。打ち込み開始・・触りがある・・これなら行けると思った瞬間!3投目でヒット!!

雪と冷え込みの影響はこの一匹で吹っ飛んだ。

餌は前回の芯華だけ(途中で両グルにしたが、寄せの力不足でペースダウン)

今日のヘラはなじみ際に触りは出すは、なじみ切ってから半メモリの動きが気持ち良く乗って来る。

隣のNさんはなんだか怪しい。独り言を言いながら大きすぎた浮きの選定を嘆きながら浮きのチェンジです。

釣れて来るヘラはサイズ良し2割くらいは腹パン(乗っ込み準備良さそうな雰囲気です)

昼飯も忘れるくらい浮きに集中して午後2時に納竿しました。

釣りはいつも予感が外れることが多いですが、今日の聖湖は良い方に外れてくれて楽しい7時間でした。

 さて釣果ですが
    Nさん    33匹
    私      77匹
                   二人ともゾロ目での成績!!パチンコなら確変決定だが( ^)o(^ )


  ※ そろそろ乗っ込み体勢だ!!近い内に行かねばなるまい!!!!




       行きでの温度計は1℃・・いきなりのカウンターパンチ
 圧縮20210419_043533

       いきなりの雪化粧・・4月ですが何か?

圧縮20210419_060444


       雪が解けて座席№が見えた。
圧縮20210419_082342

       中でも良いサイズ36cmは有りそう!!
圧縮20210419_090022


       風がないので体感温度は寒さを感じなかったので快適に釣りができた!!

圧縮20210419_071337


       タモのまま撮影すると小さく見えるから不思議・・33cmは有ります。

圧縮20210419_094859


       芯華の開き具合です。左が20秒以上経過右側は投入即・・この開き方がキモです。
       左側の餌に指で触れると何となくこんにゃく見たい(でも芯は柔らかいです)ヘラの吸い込みは良いので
       当たりも取りやすい・・・気に入った底の餌の王者です。

圧縮20210419_125100



       リャンコでほくそ笑むNさん!!横から一言・・最初の喰い当たりを見逃した証拠です!!
       悔しければ真似をしたらの一言でした(笑)
圧縮20210419_134728

2年ぶりの河北潟の釣り

● 釣行日  2021年4月10日~11日(土、日)

● 釣り場  河北潟(ポイントは2年前の対面、通称砂裏とか)

● 竿    13尺 底釣り  両グルテン
      
● 仕掛け ① 道糸0.8号 針上下5号バルサ ハリス長22cm、29cm(はじめは聖湖のセッティングそのまま)
        ② 浮き PCムクトップ(2種類)
     
● 餌   ① 尺上2、新ベラグルテン底1  ②①にグルテンLL1を ③尺上2グルテン四季、わたグル
● 天候、水温  晴れ   水温 12℃(前回より1~2℃低い)

  ずっと暖かい日が続いていましたが、このところの寒気が影響し水温も下がったようです。

2019年に心筋梗塞の手術を受けてやっと中野さんMabuchiの助けを貰いながらの釣行でした。
2年ぶりなので、約束時間に余裕を持って家を出る。

桜は散り始めているが、このところの冷え込みで持ちそうな感じ。

一口に河北潟とは言えものすごい広さで、ポイントがどこかは宇宙空間に行くようなもの。

そこは安心して中野さんにお任せでポイントへ直行しました。

一級ポイントに入れて貰い右側にMabuchiさん、左側に中野さん、その向こうに清治さん(11日は中野さんと二人だけ。

  10日
   はやる気持ちを抑えられず、早速準備に掛かりましたが、前回の聖湖のタックル(浮きは大きいしハリスは長すぎ)
 そのままスタート。
  分かっていたのだが水深は80cm前後。この浅さは聖湖に比べ物にならない。
  結論はタックル、餌作り、餌付け、竿の振り方・・どれ一つも河北に合っていない。

 そんな中無我夢中で竿を振るも結果がついてこない。

 楽しい会話が癒してくれている中で私以外は竿を合わせている音が伝わって来て、当然ヘラもヒットしている。
 
 11日
  今日は中野さんと二人だけでポイントを占める。
  早速開始するも中野さんはマブだが連荘で仕留めている。昨日とは気配が違う。これは爆釣間違いなしと二人でほくそ笑み
 ながら一生懸命竿を振る。

 昨日より風も少なく天候も良い。モジリもある。当然期待で胸が膨らむ。アドレナリンは分段に出る。

とここまでは良かったが、一発目にヒットしたのが、あっという間に沖に走られハリス切れ、聞いて見れば0,4号では弱いとのことで0.5号に変更。
 浅いので合わせた瞬間の竿の立て方も問題だ。

 来た来た一発目のヒット、何と連他でヒットサイズは35cm以上・・・これだと竿さばきが悪いと瞬間に切られてしまう。

良い当たりはスレか亀!!へらが寄っているとハリスのたわみの範囲で前触れが分かる。
身構えるが餌が着底すると当たりがない。あまりにも流れがないので、喰いけもない上に誘いも効かない。

二日目なので12時に納竿!

釣果は 10日はへら2匹、11日はへら3匹 中野さんは7匹をゲットやはりマブが少ない時はへらもリンクする気がします。

 この二日間でグルテンの使い方の悪さや考え方を再認識した。深宙だとタナまで持たないので持つようにした餌はこの水深では通用しない。着底したらほぼ開いているし、へらはすぐに反応する。

亀は別です。貪欲に口の奥まで飲み込みます。

とまだ色々と書きたいことが有りますが、その他のことは頭に入れることにして、後で小出しします。

と無事二日間河北潟を楽しめました。
体力がなくなり、へらの荷物をもって頂いたので楽しい釣りを満喫できました。
本当に有難うございました。
体力作りに励みながら、またお願いしたいと思います。


      どうです!この景色!朝日は眩しい。へら鮒釣のドラマ開始です。
圧縮20210410_054526


      左の席は中野さん、その奥は清治さん 右側はMabuchiさん
圧縮20210410_065655


      どなたか分からない!!美へらが顔を遮っているの?腹パンの美形です。
圧縮20210410_134335



     キズ一つない美べらです。35~36cmです。
圧縮20210411_080856


       タモに入ったままだと小さく見えるが35cmクラス
圧縮20210411_112223

 


      納竿時(12時)の風景!まだ風も弱く釣れそうな気配だが帰路のことを考えて!!
圧縮20210411_115626

本年度初釣行の聖湖

● 釣行日 2021年4月6日(火)

● 釣り場  聖湖

● ポイント 街道桟橋(№27) N氏(№29)
       
● 竿と釣方
     13尺 底  両ダンゴ   グルテンセット 両グルテン             
              
● 仕掛け 省略 但しハリスは32cm、40cm 針は上下5号
          (藻が多いとの想定で段差を多めにとった)
           
 
● 餌   ① 芯華 標準の作り方で手水で調整(新餌ですので初挑戦
       ② グルテン四季 いもグル 1:1


● 天候、 晴れ(朝は霜が降りて桟橋はツルツル)  水温 10℃(後に11℃くらい)

このところの陽気だと結構活性が上がっているだろうという事でNさんと聖湖行きを決めた。

例年だと15,6匹も釣れれば良いと話しながら、街道桟橋へ釣り座を構える。

6時30分ちょっと過ぎに到着したが、何と桟橋の上は霜で真っ白!!

老々介護の二人は(笑)・・・・・ゆっくりとキャリーで荷物を運ぶ。

さていつもの通り湖面を観察するもこの冷え込みでは、へらのモジリは皆無です。
当然釣れる予感無し。

さて仕掛けを準備し打ち込み開始が7時ころですが、ちょうど真正面に太陽があるため、浮きは全く見えない!!

やみくもに餌を打っては切るだけ!!座頭市なら当たりは分かるのだが?!

そんな訳で初ヒットは太陽の位置が浮きの見えるところまで移動した8時40分頃です。
両ダンゴにしたりセットにしたりしていましたが、初ヒットはグルテンセットに!!

浮きが動き始めたので、両ダンゴにした。
餌は芯華(初めての挑戦)ですが、標準の作り方で手水を打ちながら柔らかくして、餌も5号の針が隠れるくらいの大きさでヒットし始めた。
この餌はプロモーションビデオでも説明されているように餌落ちが出にくい特性ですが、底で柔らかくなり膨らみが出て、前触れ無しで良い当たりを貰える。
餌落ちの動きが浮きに出ませんが、安心して良さそう。

さていつものように底には藻が沢山あるのですが、この餌の集魚力なのか藻もあまり気にしないで良さそうな当たりで乗って来る。

とまあ、到着時の予測と初ヒットの遅さとは裏腹に楽しませてくれた。

 さて釣果ですが
      Nさん   20匹
      私     52匹



      桟橋上は霜で真っ白

圧縮20210406_062724

       最初にヒットした(ちょっと姿は?)34cmくらい
圧縮20210406_103307 

       これの方が姿は良い?新ベラか?
圧縮20210406_084837  
      
        今日一の重量感のあるへらでご満悦!!のNさん
圧縮20210406_085858


       藻の中で餌をあさるへら君は藻と一緒に水面まで!!
圧縮20210406_130427

       桜はつぼみだがもうすぐ開花するでしょう。今月末から来月に入れば乗っ込みとなるでしょう。

圧縮20210406_101311
≪前のページ≪   1ページ/87ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

へらへらまん

Author:へらへらまん
へら鮒釣をこよなく愛し、紙飛行機の設計から飛ばすことを趣味とした、ブログ投稿をしています。
好きなことに没頭できるうえに健康維持に役立てようと頑張っています。

つたない投稿を見て頂く皆様に感謝です!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

訪問者数

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR