FC2ブログ
RSS

2年ぶりの河北潟の釣り

● 釣行日  2021年4月10日~11日(土、日)

● 釣り場  河北潟(ポイントは2年前の対面、通称砂裏とか)

● 竿    13尺 底釣り  両グルテン
      
● 仕掛け ① 道糸0.8号 針上下5号バルサ ハリス長22cm、29cm(はじめは聖湖のセッティングそのまま)
        ② 浮き PCムクトップ(2種類)
     
● 餌   ① 尺上2、新ベラグルテン底1  ②①にグルテンLL1を ③尺上2グルテン四季、わたグル
● 天候、水温  晴れ   水温 12℃(前回より1~2℃低い)

  ずっと暖かい日が続いていましたが、このところの寒気が影響し水温も下がったようです。

2019年に心筋梗塞の手術を受けてやっと中野さんMabuchiの助けを貰いながらの釣行でした。
2年ぶりなので、約束時間に余裕を持って家を出る。

桜は散り始めているが、このところの冷え込みで持ちそうな感じ。

一口に河北潟とは言えものすごい広さで、ポイントがどこかは宇宙空間に行くようなもの。

そこは安心して中野さんにお任せでポイントへ直行しました。

一級ポイントに入れて貰い右側にMabuchiさん、左側に中野さん、その向こうに清治さん(11日は中野さんと二人だけ。

  10日
   はやる気持ちを抑えられず、早速準備に掛かりましたが、前回の聖湖のタックル(浮きは大きいしハリスは長すぎ)
 そのままスタート。
  分かっていたのだが水深は80cm前後。この浅さは聖湖に比べ物にならない。
  結論はタックル、餌作り、餌付け、竿の振り方・・どれ一つも河北に合っていない。

 そんな中無我夢中で竿を振るも結果がついてこない。

 楽しい会話が癒してくれている中で私以外は竿を合わせている音が伝わって来て、当然ヘラもヒットしている。
 
 11日
  今日は中野さんと二人だけでポイントを占める。
  早速開始するも中野さんはマブだが連荘で仕留めている。昨日とは気配が違う。これは爆釣間違いなしと二人でほくそ笑み
 ながら一生懸命竿を振る。

 昨日より風も少なく天候も良い。モジリもある。当然期待で胸が膨らむ。アドレナリンは分段に出る。

とここまでは良かったが、一発目にヒットしたのが、あっという間に沖に走られハリス切れ、聞いて見れば0,4号では弱いとのことで0.5号に変更。
 浅いので合わせた瞬間の竿の立て方も問題だ。

 来た来た一発目のヒット、何と連他でヒットサイズは35cm以上・・・これだと竿さばきが悪いと瞬間に切られてしまう。

良い当たりはスレか亀!!へらが寄っているとハリスのたわみの範囲で前触れが分かる。
身構えるが餌が着底すると当たりがない。あまりにも流れがないので、喰いけもない上に誘いも効かない。

二日目なので12時に納竿!

釣果は 10日はへら2匹、11日はへら3匹 中野さんは7匹をゲットやはりマブが少ない時はへらもリンクする気がします。

 この二日間でグルテンの使い方の悪さや考え方を再認識した。深宙だとタナまで持たないので持つようにした餌はこの水深では通用しない。着底したらほぼ開いているし、へらはすぐに反応する。

亀は別です。貪欲に口の奥まで飲み込みます。

とまだ色々と書きたいことが有りますが、その他のことは頭に入れることにして、後で小出しします。

と無事二日間河北潟を楽しめました。
体力がなくなり、へらの荷物をもって頂いたので楽しい釣りを満喫できました。
本当に有難うございました。
体力作りに励みながら、またお願いしたいと思います。


      どうです!この景色!朝日は眩しい。へら鮒釣のドラマ開始です。
圧縮20210410_054526


      左の席は中野さん、その奥は清治さん 右側はMabuchiさん
圧縮20210410_065655


      どなたか分からない!!美へらが顔を遮っているの?腹パンの美形です。
圧縮20210410_134335



     キズ一つない美べらです。35~36cmです。
圧縮20210411_080856


       タモに入ったままだと小さく見えるが35cmクラス
圧縮20210411_112223

 


      納竿時(12時)の風景!まだ風も弱く釣れそうな気配だが帰路のことを考えて!!
圧縮20210411_115626

本年度初釣行の聖湖

● 釣行日 2021年4月6日(火)

● 釣り場  聖湖

● ポイント 街道桟橋(№27) N氏(№29)
       
● 竿と釣方
     13尺 底  両ダンゴ   グルテンセット 両グルテン             
              
● 仕掛け 省略 但しハリスは32cm、40cm 針は上下5号
          (藻が多いとの想定で段差を多めにとった)
           
 
● 餌   ① 芯華 標準の作り方で手水で調整(新餌ですので初挑戦
       ② グルテン四季 いもグル 1:1


● 天候、 晴れ(朝は霜が降りて桟橋はツルツル)  水温 10℃(後に11℃くらい)

このところの陽気だと結構活性が上がっているだろうという事でNさんと聖湖行きを決めた。

例年だと15,6匹も釣れれば良いと話しながら、街道桟橋へ釣り座を構える。

6時30分ちょっと過ぎに到着したが、何と桟橋の上は霜で真っ白!!

老々介護の二人は(笑)・・・・・ゆっくりとキャリーで荷物を運ぶ。

さていつもの通り湖面を観察するもこの冷え込みでは、へらのモジリは皆無です。
当然釣れる予感無し。

さて仕掛けを準備し打ち込み開始が7時ころですが、ちょうど真正面に太陽があるため、浮きは全く見えない!!

やみくもに餌を打っては切るだけ!!座頭市なら当たりは分かるのだが?!

そんな訳で初ヒットは太陽の位置が浮きの見えるところまで移動した8時40分頃です。
両ダンゴにしたりセットにしたりしていましたが、初ヒットはグルテンセットに!!

浮きが動き始めたので、両ダンゴにした。
餌は芯華(初めての挑戦)ですが、標準の作り方で手水を打ちながら柔らかくして、餌も5号の針が隠れるくらいの大きさでヒットし始めた。
この餌はプロモーションビデオでも説明されているように餌落ちが出にくい特性ですが、底で柔らかくなり膨らみが出て、前触れ無しで良い当たりを貰える。
餌落ちの動きが浮きに出ませんが、安心して良さそう。

さていつものように底には藻が沢山あるのですが、この餌の集魚力なのか藻もあまり気にしないで良さそうな当たりで乗って来る。

とまあ、到着時の予測と初ヒットの遅さとは裏腹に楽しませてくれた。

 さて釣果ですが
      Nさん   20匹
      私     52匹



      桟橋上は霜で真っ白

圧縮20210406_062724

       最初にヒットした(ちょっと姿は?)34cmくらい
圧縮20210406_103307 

       これの方が姿は良い?新ベラか?
圧縮20210406_084837  
      
        今日一の重量感のあるへらでご満悦!!のNさん
圧縮20210406_085858


       藻の中で餌をあさるへら君は藻と一緒に水面まで!!
圧縮20210406_130427

       桜はつぼみだがもうすぐ開花するでしょう。今月末から来月に入れば乗っ込みとなるでしょう。

圧縮20210406_101311

大歓迎をしてくれた鮎川湖(初釣り( ^)o(^ )

● 釣行日  2021日年3月24日(水 )

● 釣り場  鮎川湖

● ポイント 桟橋№4 Oさん№2
       
● 竿   12尺天々⇒19尺 天々 両ダンゴ ⇒両グルテン
    
● 仕掛け 省略(浮きはムクトップ) ハリス55cm、70cm
       
● 餌    ① 凄麩400ccガッテン400cc 水200cc  50ccの凄麩に粘力1杯を振りかける
       ② グルテン四季単品
      


● 天候、水温  曇り  朝濃霧  水温 10℃

何と初釣りです。いつもの三人でと調整するもNさんは都合がつかず(天候優先)行くことに!!

先についていた人が数人だが皆さん公魚釣の方々で桟橋は我々以外に一人・。

重たい荷物をキャリーに載せて事務所前に行ってビックリ!!!水位が異常に低くいつものようにキャリーを引いていけない。

仕方なしにOさんと手渡で荷物を運ぶことに・・・やれやれ一仕事を終え、釣り座を構えて水を一杯飲むことにしました。

管理人がヘラの人と公魚釣の座を分けて指示をしてくれましたので、桟橋の左隅に構えました。

先ずは二人とも12尺天々でスタート、私は両ダンゴOさんは両グルテン(Oさんのことを考えて薦めました。

始める段階からへらはワキワキです。水温が10℃とまだ低めなので、これで餌を追うかと心配していましたが、飛んでも有りません一発目から餌がタナに入りません。

粘力で粘りを出して柔ネバにして仕事と言えばタナにしっかり餌を入れ込む努力だけ。浮きをいつものより浮力の有るものにして正解だった。

Oさんは腕が上がらないという事ですぐに9尺天々にした。

両者入れ食いモードに!!こんなことで良いのか?!初釣りでへらに大きく歓迎して貰い( ^)o(^ )で。

私も二ボール終わったので9尺天々両グルテンに変更した。

右側の公魚釣の人たちからは悲鳴が聞こえる。本命の公魚は0匹で代わりにへらがサシを喰ったりすれたり!!もちろん仕掛けがダメになる。この時期は産卵に入るので公魚は餌を追わない。

9尺で天々から試しに浅ダナ1本半くらいまでにしてみたが、どのタナでも餌をなじませてくれない。

こんな時にはもっと釣りたければカッツケにすればもっと釣れるのだが?今回は釣りが難しくなかった。ただ一つ餌を持たせることだけで、8割くらいが食い上げ。練習にはなりません(笑)

 そんな訳で 釣果は
   Oさん    111匹
   私      120匹


減水状況が分かります。護岸工事のためだそうで当分こんな感じ!!
圧縮20210324_070101    



最初にヒットしたのが一番の大型36cm弱 これがMAXで多くは22,3cmがメイン

圧縮20210324_071853


圧縮20210324_071931

これは一番小さいサイズですが(23cmくらい)、餌を積極的に追う犯人ですm(__)m
圧縮20210324_073345


圧縮20210324_084956

桟橋右側の公魚釣の方々

圧縮20210324_101327



2021年 謹賀新年

 昨年は皆様から励まされながら、趣味のヘラフナ釣りや紙飛行機のデザイン製作飛行とこなすことができました。
特に遠方の方々の様子はブログを拝見してのコンタクトしか有りませんので、大いに楽しませて頂きました。

コロナ問題はいつ収束するかは、これだけ発展した医療技術を持って、各国で研究推進していますので、安心して待っています。

 とはいうものの待っている間のリスクは皆同じですので、関係者のアドバイスに従って、きちんと守りに徹しないといけないと思っています。
 新年早々の釣りも気が流行りますが、信州はとても出来る状況では有りません。
暖かくなるまでの間は暖かい方へ出かけるしか有りませんが、候補先も限定されます。

それでも道具も待機していますので、一心同体で活動したいと考えています。

こんな時期ですので、皆様も十二分に安全策を講じて楽しんで下さい。
私のブログも参考にして頂ければ幸いです。

本年も宜しくお願い致します。


釣りバージョン2021年年賀状
一般2021年賀状

寒い!釣れない聖湖

● 釣行日  2020年11月26日(木)

● 釣り場  聖湖

● ポイント 街道桟橋 (№46)・・Oさん(№48)Nさん(№44)
      
● 竿と釣方
      10尺 底⇒13尺⇒10尺    グルテンセット⇒又は両グル            
              
● 仕掛け 省略 但しハリスは35cm、44cm 針は上下4号 後で段差10cm
          
 
● 餌    ① ダンゴの冬1、ペレ底1.水1.8マッハ1
       ②  新ベラグルテン50ccグルテン四季50cc水90cc
         ※ 餌の調整は両方共極柔らかめにした。
      
● 天候、 晴れ  水温 10℃(前回に同じ)


 さてNさんの都合上本日に決めたが、偶然にもブログ友の「や」さんが娘さんと来て竿を並べることになった。

気温は0℃(帰るころには13℃)と寒い。桟橋上は前回ほどではないが霜が降りていた。

釣り人は見渡す限り例会組が5人とフリーで1人と少なかった。

支度をしていると上田のヘラ研会長が、「や」さんとの約束があるとのこと。
挨拶をして支度にかかったが、前回より浅い方へ二つ移動した(これが運が悪い結果となりました)

打ち始めたが底藻が着いてくるだけで浮きの動きは全くなし、おまけに最後まで底で何かが引っ掛かる。

NさんとOさんは釣れている。移動も面倒なので、13尺を出して見たが底の状況は変わらない。

「や」さんと娘さんが竿を絞る。遠方から来て頂いたので、これはこれで嬉しいことです。

そうは言ってもいつものように桟橋の前に来るべきヘラは全く姿を見せない。

結論は寒い北風の中で震えながらみじめな結果に終わった。

今年度は信州での釣りは納竿とし、後は名古屋方面でと話をしながら帰途に就いた。
「や」さん・・遠路お疲れ様でした。来春の暖かいころ会えることを期待しています。

 さて書きたくない釣果ですm(__)m
      Oさん      14匹
      Nさん       6匹
      私         3匹

        新ベラはおろか旧ベラさえ炬燵モードに?


日が当たる時刻は8時ころと遅いが逆光にならないだけ助かる
   圧縮20201126_075719
Oさんも寒そうだが釣れているときは寒さを忘れています。
圧縮20201126_092154
Nさんもしかり!
圧縮20201126_092200
「や」さんが声を掛けて頂き桟橋上で一緒になりました。
圧縮20201126_092210
以下は「や」さん親子の微笑ましい釣り姿です。
圧縮20201126_105857

圧縮20201126_113729
    

≪前のページ≪   1ページ/87ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

へらへらまん

Author:へらへらまん
へら鮒釣をこよなく愛し、紙飛行機の設計から飛ばすことを趣味とした、ブログ投稿をしています。
好きなことに没頭できるうえに健康維持に役立てようと頑張っています。

つたない投稿を見て頂く皆様に感謝です!!

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

最新コメント

訪問者数

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

RSSリンクの表示

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR